会社の制服がタイトなスカートで、ポッコリお腹は恥ずかしいため痩せたいと思った

会社の制服がタイトなスカートなので、ふくらはぎの太さやポッコリお腹は恥ずかしいため痩せたいと思いました。

また小さいころから丸顔で一番先に顔から太るのですが、二重あごになりやすくメークはファッションが決まりにくいためダイエットをやりました。

本当はすぐにでも痩せたいところでしたが、今までも急激に痩せてたとしても、そのうちに体重が戻っていったので長期的にやっていこうと思いました。

半年で5kg減量し、残りの半年で出来るだけ減量することにしました。

長期的に食事の内容を、主に夕食の内容を今までより低カロリーにしました。

これは短期間で急激に痩せると顔にシワが出やすい、骨密度など低下するなど問題がでるからです。

早く痩せたくて焦る気持ちが出ますが、確実に痩せたかったので食事内容改善ダイエットにしました。

リンゴダイエットや絶食ダイエットなどの、何々ダイエットではなく食事の内容を低カロリーにすること、野菜を多く取り入れること、また大好きなお酒は一日1缶とか決めつけず、飲みすぎないようにと決めたことは長続きのポイントです。

ダイエットを始める当初は、体重の減量がもちろん目標でしたので、体重計に乗っては増減を気にしていました。

今思えば、筋肉を鍛えるなどを取り入れてメリハリ体型も意識できればよかったと思います。

全体としてスリムになったので、満足ですが欲をいえば胸が減らないでほしかったです。

痩せてくると嬉しいものですから、外出が多くなりました。

外出が増えると消費カロリーも増え食べ物への意識も減ります。

ダイエットの後半は体重が落ちやすくなりました。

またメークが楽しくなり、チークの入れ方や細かい眉の書き方など研究するようになりました。

女性の方であれば、ダイエットの経験はあると思います。

私も何度も失敗したり、減量できてもリバウンドしたりを経験してきました。

体重の増減にあまり一喜一憂しないことが、途中で投げ出さないポイントだと思います。

今までと違う努力をしていれば、時間がかかってもかならず結果がでますから。